Liebermann-Villa am Wannsee

お礼が大変遅くなってしまいましたが・・・この度の日本でのコンサートに来て下さった皆様、暑い中本当にどうもありがとうございました。帰れる場所があることの幸せをかみ締めつつ、また次の日本でのコンサートに向けての野心がむらむらとわき上がってきました。

7月下旬にベルリンに戻った時は、あまりの天気の悪さに呆然。このまま秋に突入か・・と思いましたが、今日は全くの真夏日より!ポツダムに近いヴァンゼーという湖の近くにある”マックス・リーバーマン/ヴィラ”という所で彼の海辺で書いた絵が展示されていることを知り、見に行って来ました。
e0222513_541259.jpg


マックス・リーバーマンという人は1847年から1935年に生きたベルリン生まれの画家です。彼はドイツで非常に尊敬されていた画家ですが、1933年にナチが政権を取った後はユダヤ人ということでかなり非難され、晩年は恵まれませんでした。今日残っているこのヴィラは、1914年から彼が亡くなる1935年まで彼が毎年夏を過ごしていた場所ですが、彼の死後、政府によって取り上げられてしまいました。そして国営郵便電信事業の仕事場として使われ、第2次世界大戦の後は、1972年まで病院として使われていました。

何という歴史を持つこの建物。それが、とっても素敵な場所でした。
入り口から入るとまず目に入るのが色とりどりの花が咲き乱れたお庭。リーバーマンはこのお庭でたくさんの絵を描きました。
e0222513_5422346.jpg


そして建物の裏側は、広い芝生の果てに直接ヴァンゼーという湖に面していて、その景色に感動!

e0222513_6113529.jpg



























絵を見るのも忘れて、その景色に虜になりました。
直接湖に面しているので、みんな足を投げ出せてしまいます。
(湖の水は残念ながら娘いわく”緑茶”でしたが・・・)

e0222513_549290.jpg



























そしてもちろんカフェが!ケーキもおいしくて景色も抜群。大満足でした。
e0222513_5563044.jpg


肝心の絵の方は・・・建物の2階で展示されているということで、残念ながらあっという間に見終われてしまうほど数が少なかったのですが、その分、良質な絵が置かれていました。

でも今日1番のインパクトはやはりその風景。今度知り合いの人がベルリンに来られた際にはぜひお連れしたい場所No.1になりました。(注:天気が良い日に限る!)


ヴィラのサイトはこちら。www.liebermann-villa.de
[PR]
by Sayakomomo | 2011-08-07 06:36
<< !! 2011/2012シ...  Toppanhall エ... >>