<   2012年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2012年夏、日本へ!

日本はもう梅雨入りをした頃なのでしょうか・・・ベルリンにはまだ夏が到来していなくて、毎日着るものは相変わらず春・秋物。肌寒い日が続いていますが、明日日本に帰る私には、もう関係ありません!この季節に成田空港に降り立った瞬間に感じるあの湿った空気は、”帰ってきた”という思いと共に、一変に私をどっぷりと真夏の日本に浸からせてくれます。

e0222513_1854353.jpg



さて、7月1日に行われるトッパンホールでのエスポワールシリーズ最終回”六重奏”。その前哨戦ともいえるコンサートが、昨夜ベルリンの日独センターで行われました。演奏したのは、モーツァルトのディヴェルティメントKV563と、ベートーヴェンの弦楽三重奏曲作品9-3。トッパンホールでは、シュルホフとシェーンベルク、二つの六重奏の合間に、このベートーヴェンの弦楽三重奏曲を演奏します。何回も合わせを重ねて望んだ今回のコンサート、楽しかった!まず二曲とも弾き応えのある名曲であることもあり、ヴィオラのアンドレアスとチェロのシュテファンとのリハーサルが、いつにも増して内容が濃いものとなりました。二人とも本当によく気が効いて、茶目っ気があって、いつもニコニコしているのですが、そんな彼らの性格は演奏にもよく表れます。茶目っ気がありすぎて、みんなで対応し切れなくなることがあるのが玉に瑕!本番では、いつもより良い所、また逆に上手くいかなかった所、色々ありましたが、次の本番へ向けての良い課題が見つかりました。何より、素敵な空間で素晴らしい仲間と一緒に演奏しながら、その曲の魅力に取り付かれた感触というのは、いつまでも心に残るものです。東京でも、それぞれの曲の魅力を皆さんと共有できるほどの演奏ができたらと思っています。

e0222513_18183987.jpg
コンサートの後、お世話になった日独センターのスタッフの方達と打ち上げ。皆さんに大変よくして頂き、感謝です!


他にも、今回の日本滞在中、7月7日には神戸の松方ホールでピアニストの児嶋一江さんと一緒に演奏させて頂きます。児嶋先生は、私の赤ちゃん時代から今に至るまで、私のほぼ全てをご存知の御方。ご一緒させて頂くのは初めてのなのですが、有名なプロコフィエフの2番のソナタや、プーランクのソナタという何とも洒落た曲を演奏します。こちらもぜひチェックして頂けたらと思います!

それでは、また皆様に再会できるのを楽しみにしております!



コンサートの詳細・・・・・・・


2012年7月1日(日) 15時開演
トッパンホール

エスポワールシリーズ最終回”六重奏”

日下紗矢子(ヴァイオリン) / 甲斐摩耶(ヴァイオリン)
アンドレアス・ヴィルヴォール(ヴィオラ) / 鈴木康浩(ヴィオラ)
ステファン・ギグルベルガー(チェロ) / ダミエン・フォンテュラ(チェロ)


シュルホフ:弦楽六重奏曲
ベートーヴェン:弦楽三重奏曲 ハ短調 Op.9-3
シェーンベルク:弦楽六重奏曲 《浄められた夜》 Op.4



2012年7月7日(土)  15時開演
神戸・松方ホール

日下紗矢子(ヴァイオリン)
児嶋一江(ピアノ)

シューベルト:ヴァイオリン・ソナチネ第1番ニ長調
プーランク:ヴァイオリン・ソナタ
プロコフィエフ:ヴァイオリン・ソナタ第2番ニ長調
[PR]
by Sayakomomo | 2012-06-21 19:00